2015.06.05

古巣の宿敵撃破を誓うモラタ「打倒バルサは特別なモチベーション」

モラタ
ユヴェントスに所属するスペイン代表FWモラタ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラの覇者バルセロナとセリエAの王者ユヴェントスがヨーロッパ最強クラブの座を賭けて戦うチャンピオンズリーグ決勝(CL)が、いよいよ現地6日にベルリンのオリンピアシュタディオン(ヘルタ・ベルリンの本拠地)で行われる。

 ともに国内リーグ戦ならびにカップ戦を制した両チームだが、いずれにとっても3冠が懸かったこの一戦では、大会前から優勝候補の一角だったバルセロナが、下馬評はそれほど良くなかったものの決勝に上がってきたユヴェントスを上回るとの声が多い。

 この戦前の予想について、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリードの出身として注目が集まるユヴェントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、「彼らが有利だが、僕らにもチャンスはある」と一定の理解を表し、チームのメンタル面の充実を生かして最高のプレーをするのがタイトル獲得の唯一の方法との見解を示した。

「チームは今、意欲に満ち溢れており、感情の高ぶりを感じている。これはCLの決勝であり、フットボール史に名を刻める機会であることを、皆が理解している。その一方で、勝利を収めるのが非常に難しいことも認識している。なぜなら、僕たちが相手にするチームは、とてつもない戦力を誇るうえ、抜群に調子が良いからだ。彼らを倒すためには素晴らしい試合をしなければならない」

 モラタはまた、バルセロナ戦への強い思い入れを隠さずに披露するとともに、ユヴェントスだけではなくレアル・マドリードのファンのためにも勝利を目指すとの意欲を見せた。

「CL決勝でバルセロナを倒すというのは特別なモチベーションだ。それを否定すれば嘘をつくことになる。僕はレアル・マドリードで育ち、長い間プレーしたあのクラブには多くの友人がいる。また、1つのクラブより2つのクラブのサポーターが喜べる方が良いだろう。これまで何度も言ってきた通り、決勝でゴールを決めることを夢見ている」

 一方、ユヴェントスが最も気を付けなければならない選手であるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて質問されたモラタは、相手の大黒柱に敬意を払いながらも味方の守備陣への信頼を表した。

「何かにおびえるというのは、フットボールではなく人生の他の物事において感じることだ。僕たちは世界屈指の選手であるメッシを最大限にリスペクトしている。彼とクリスティアーノ・ロナウドは他の選手とは別次元のところにいる。しかし、僕らには彼と渡り合えるだけの偉大なディフェンスがある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る