2015.05.09

G大阪の宇佐美がCL準決勝のゴールを解説「メッシ、ハンパねーな」

宇佐美貴史
J1得点ランキングでトップに立つ宇佐美が。世界のストライカーのゴールを分析した

 J1で得点王争いを牽引するガンバ大阪宇佐美貴史が、ヨーロッパ最高峰の舞台、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで生まれたゴールについて、5月9日(土)深夜に放送する『サッカーアース』で解説した。

 ユヴェントスがレアル・マドリードをホームに迎えた一戦。宇佐美は、アルゼンチン代表のカルロス・テベスのプレーに注目した。1-1で迎えた57分、自陣でボールを奪ったテベスがドリブルで駆け上がり、ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。「(ドリブルしている時に)色々、考えていたと思う。モラタを使おうと思ったら倒れて、並走していたマルセロも倒れた。縦に行ったらDFが突っ込んできてPKをもらうプレーに切り替えた」と分析。PKを狙いにいったと確信した理由については、「右足を前に出して、PKをもらいにいっている。南米の選手らしいプレーですね」と話した。

 古巣バイエルンがバルセロナに敗れた試合では、リオネル・メッシのゴール場面に着目した。スコアレスで迎えた77分、ダニエウ・アウヴェスが高い位置で奪ったボールをメッシへパス。左足を振り抜き、均衡を破った。

 ゴール映像を見た直後「ハンパねーな」と驚嘆。「メッシは巻いて蹴る方が多い。それを逆手にとってニアに蹴った」と、瞬時の判断と蹴り分けについて冷静に分析した。80分にメッシが2点目を奪ったシーンでは、「すげぇーなメッシ!」の一言。「ボアテングは、すごく対人プレーが強い。その選手をこんなして……。メッシの縦への行き方が、ナチュラルなんですよね。だから、DFは脳がついてこれない」と、何気ないプレーの中でもメッシの凄さが凝縮されていると明らかにした。

 宇佐美は番組内で、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝に勝ち進んだユヴェントス、レアル・マドリード、バルセロナ、バイエルンの中から優勝チームを予想。今季J1でゴールを量産するG大阪のエースが選んだクラブは……。宇佐美が出演する『サッカーアース』は、5月9日(土)深夜1時30分から日本テレビで放送する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る