2015.05.06

カモラネージ氏、古巣ユーヴェの勝利に賛辞「勝利に値する戦い」

 元イタリア代表MFマウロ・カモラネージ氏が、古巣ユヴェントスの勝利に喜びを示した。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』がコメントを伝えている。

 ユヴェントスは、5日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグで王者レアル・マドリードと対戦し、2-1で先勝した。

 現在メキシコのコラス・デ・テピクで指揮を執るカモラネージ氏は、「ユーヴェはこの勝利に値する戦いを見せた。とても嬉しく思う。ユーヴェはこの数年、とても努力してきた。チームが変わり、苦しみ、再び脚光を浴びるようになった。ただこの結果を喜ぶだけだ」と喜びを爆発させた。

 また、「試合の展開はオープンではないものと思っていた。ところが、ユーヴェが最初から試合を作り、すぐに先制点を奪いリードを得た。(アルバロ・)モラタのゴールの後は、オープンな戦いになった」と語り、予想を良い意味で裏切る展開であったと明かしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る