2015.05.06

アッレグリ監督、レアル撃破の選手たちを称賛「チームが成熟した」

アッレグリ
ユヴェントスを率いるアッレグリ監督(右)[写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグが5日に行われ、ユヴェントスはホームで前回王者のレアル・マドリードと対戦し、2-1で先勝した。

 マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

 アッレグリ監督は、「我々はもっと上手く戦えたかもしれないが、相手にほとんどチャンスを許さなかった。いずれにしても、私はただ選手に感謝の意を示すだけだ」と語り、先勝を勝ち取った選手を称えた。

「3点目を取れなかったことは残念。(フェルナンド・)ジョレンテへのチャンスも、もっと上手く生かせたはずだ。だが、試合前にこの勝利を願っていた。これからセカンドレグのベルナベウに向けて準備し、良い戦いを見せ、そして決勝に進むために1週間がある」と、3点目が奪えなかったことに悔しさを見せながらも、勝利が重要であったと主張した。

 指揮官は、選手の起用については以下のように振り返った。

「4バックで戦い、選手はとても良くやった。(アンドレア・)バルザーリを先発から外すことは容易なことではなかった。それまで素晴らしいパフォーマンスを見せていたからね。ただ、3バックの一角で彼を途中出場させると、すぐに試合の流れに入ってくれた」

「(先発起用したステファノ・)ストゥラーロがこのようにスタートすれば、試合の流れを変えることができる(ロベルト・)ペレイラをベンチに置くことができる。守備面で多少貢献できる選手が必要だった。ストゥラーロはとても良くやってくれたよ」

 最後は「とりわけ満足しているのは、チームが成熟して戦ってくれたことだ。我々はある種の方法でスタートしたが、ゆっくりと成長してきた。国内リーグ戦と比べ、このような国際舞台での戦いは、決して立ち止まることなく、より冷静に戦わなければならない。試合を読む力が必要で、この点でチームはとても良くなったと思う」と総括している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る