2015.05.05

ユーヴェの2トップを警戒するレアルDFペペ「テベスとモラタは脅威」

ペペ
元同僚のモラタ(中央)を警戒するペペ(左) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードは5日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグでユヴェントスとのアウェーゲームに臨む。同試合を前にポルトガル代表DFペペが意気込みを語っている。4日付のイタリア紙『トゥットスポルト』がコメントを伝えている。

 大会史上初の連覇を目指し、ユヴェントスとの大一番を迎えるレアル・マドリード。しかし、ペペはセリエAで4連覇を果たしたユヴェントスの2トップを警戒している。

 セリエAで得点ランキングトップに立つアルゼンチン代表FWカルロス・テベスについては「テベスは最高のクオリティを持ち、決してボールを失わなず、ピッチの上では戦うことを愛するプレーヤーだね。ただ彼のような脅威を抑えられるのか、いい機会になる」と脅威を感じながらも、無得点に抑えることに意欲を示した。

 続けて「でも(フェルナンド・)ジョレンテや(アルバロ・)モラタにも目を向けなくてはいけない」とテベスの相方を務めるであろうFWフェルナンド・ジョレンテとスペイン代表FWアルバロ・モラタにも警戒心を露わにしている。特に昨シーズンまでチームメートだったモラタについては「モラタに対してどう戦うかって? 彼は僕の横でプロデビューしたんだよ。今回は特別な対戦になるね。この様な重要な試合で対戦できて嬉しいよ」と、対戦を心待ちにしている様子。

 モラタはユヴェントスへの忠誠を誓っており、レアル・マドリードへの復帰を考えていないようだが、「僕は彼と一緒にプレーしたい。でも今回は対戦相手だ。僕は自らのユニフォームを守るし、彼は彼のユニフォームを守る」と、お互いのチームでベストを尽くすことを誓っている。

 最後に「決勝に到達するという夢を目指し、最高のプレーを見せたい。ユヴェントス戦はタフな戦いになるだろう。イタリアのチームは守りが堅いだけでなく、どのように僕らを傷つけるか熟知している。気をつけなくてはいけないね」と、改めてユヴェントスへの警戒を口にした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る