2015.04.23

ズボンが破れたグアルディオラ監督…過去にも“経験者”たちがいた

グアルディオラ
ズボンが破れてしまったグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images for FC Bayern

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント準々決勝セカンドレグが21日に行なわれ、バイエルンはポルトと対戦し、6-1で勝利を収めた。この試合中、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、喜びのあまり自身のズボンを破いてしまっている。

 22日付のイギリス紙『メトロ』は、これを「コピー」と表現。過去に同様の“事故”を起こしてしまった2人の監督を紹介している。

 1人目は、レアル・ソシエダを率いるデイヴィッド・モイーズ監督。同監督はリーガ・エスパニョーラ初采配となった2014年11月のデポルティボ戦で、太腿の内側あたりを破いてしまっている。また、同試合でモイーズ監督は、チームに存在しない選手の名前を間違えて叫んでしまったことも、話題になっていた。

 現在はチェルシーを率いているジョゼ・モウリーニョ監督も、このアクシデントに見舞われている。同監督がインテルを率いていた2010年、チェルシーはCL決勝でバイエルンを2-0で下し、欧州制覇を成し遂げた。しかし、優勝を喜ぶモウリーニョ監督が履いていたズボンは、後ろの部分が裂けてしまっていた。

 グアルディオラ監督は、CLを制覇したモウリーニョ監督と同じ被害に遭っており、同紙は最後に「グアルディオラ監督は、同じことができるように願うだろう」と、付け加えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る