FOLLOW US

哲学を貫くグアルディオラ監督「美しいプレーをすれば準決勝に進出できる」

グアルディオラ監督は準決勝進出へ自信を見せる [写真]=Getty Images

 現地21日、準々決勝2ndレグの4試合のうち、バルセロナ対パリ・サンジェルマンおよびバイエルン対ポルトの2試合が行われるチャンピオンズリーグ。1stレグがアウェーでの戦いとなった優勝候補2チームは、パリSGに3-1で先勝したバルセロナが優位な状況を作ったのに対し、ポルトに1-3で敗れたバイエルンは厳しい状況に追い込まれた。

 だが、かつては出身クラブであるバルセロナを率い、現在はバイエルンを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督は、ポルトを逆転で下しての準決勝進出を疑っていないようで、20日に行われた試合前日会見で力強いコメントを残した。

「私は楽観主義者であり現実主義者だ。明日はよりリスクを負って戦わなければならない。第1戦の結果を考えればそれは当然だ。決して簡単な試合ではないが、私は勝ち抜けを100%信じている」

 一方、「バルセロナやレアル・マドリードと同様に、バイエルンにとって十分な成功と言えるのは3冠のみだ」と超一流クラブでのプレッシャーの強さを説明したグアルディオラ監督だが、自身の哲学とも言える戦い方ができれば、2点のビハインドを跳ね返せるとの見解を示した。

「私はこれまでの人生において、勝利を手にしたのは美しいプレーをした時のみだ。それはバルサでもバイエルンでも同じだ。したがって、明日のポルト戦でも良好なパフォーマンスが見せられれば、自ずと準決勝に進出しているはずだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO