FOLLOW US

好調スアレス、バルサ加入当初は「メッシやネイマールに怯えてた」

15日のパリSG戦で2ゴールを挙げたスアレス(中央) [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、バルセロナでのプレーについてコメントし、20日に大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 スアレスは2014年7月にリヴァプールからバルセロナへ移籍。加入後の16試合では5得点を挙げるに留まっていたが、ここ18試合で14得点を記録するなど、調子を上げている。

 これについて同選手は、「バルセロナに来た時、僕は(リオネル)メッシやネイマールに怯えていた。でも彼らは僕に、リヴァプール時代と同じようにプレーするよう、言ってきたんだ。今ではピッチ内外で上手くやれているよ。上手くいかなかった時に、僕の身近で支えてくれた人たちに感謝してる。チームメイトやコーチがいつも支えてくれるんだ」と、周囲への感謝の気持ちを明かした。

 そして、「今は僕のゴールやアシストでチームを助ける番だと感じている。でも、チームが上手くいきさえすれば、それで僕は満足だ。チームが前進するのなら、誰が点を決めるかなんて重要じゃない」と、語っている。

 同チームは、21日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグで、パリ・サンジェルマンと対戦する。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA