2015.03.20

アウェーゴール差でCL敗退のヴェンゲル監督「時代遅れのルール」

アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、アウェーゴールに対する持論を展開した。クラブ公式HPが伝えている。

 アーセナルは、17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグでモナコと対戦。敵地で2-0と勝利したが、2試合合計スコアは3-3。ホームでのファーストレグを1-3で落としていたため、アウェーゴール差で下回り、5シーズン連続でベスト16での敗退が決まっていた。

 決勝トーナメント1回戦では、アーセナルの他にチェルシーもアウェーゴール差で大会から姿を消した。ヴェンゲル監督は、「時代遅れのルールで、変更しなければいけない。私は長年にわたって、この問題について言及している」と指摘した。

「アウェーゴールは、敵地に乗り込むチームに攻撃させるため、60年代に発案された」と語る指揮官。「その時からフットボールが変わってしまった。アウェーゴールがあまりにも大きくなりすぎている」と、問題点を語った。

 イングランドのカップ戦は、多くが一発勝負となっている。キャピタル・ワン・カップの準決勝はホームアンドアウェー方式だが、セカンドレグ終了時に2試合合計スコアが同じ場合は延長戦を実施。延長戦でも決着がつかない場合に、初めてアウェーゴールが適用される。

 アーセナルの指揮官に就任して19年目を迎えているヴェンゲル監督。「(アウェーゴールは)延長戦でも決着がつかなかった時に、採用されるべき」と、思いを明かしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る