2015.03.19

テベス大活躍でユヴェントス連勝、2季ぶりCL8強…香川出番なしのドルト敗退

テベス
テベス(左2番目)の先制点を喜ぶユヴェントス [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが18日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントユヴェントスが対戦。香川はベンチスタートとなった。



 ユヴェントス・スタジアムで行われたファーストレグを2-1で制し、アドバンテージを持って敵地へと乗り込んだユヴェントスは、開始早々の3分、カルロス・テベスがゴール正面やや左から鮮やかな右足ミドルを決め、先制点を獲得する。

 アウェーゴールを与えてしまい、勝ち抜けにはまず2点が必要となったドルトムントだが、なかなか効果的な攻撃ができない。カウンターを狙う姿勢を見せるユヴェントスだが、27分にトラブル。ポール・ポグバが右太ももを痛めて、アンドレア・バルザーリとの交代を強いられる。これにより、システムを4バックから3バックに変更した。

 ドルトムントはボールを支配するが好機は作れず。前半はユヴェントスのリードで終える。ハーフタイムにドルトムントマルセル・シュメルツァーに代えてオリヴァー・キルヒを投入。それでもチャンスができないドルトムントは64分にもスヴェン・ベンダーヘンリク・ムヒタリアンに下げ、ヤクブ・ブワシュチコフスキアドリアン・ラモスを入れて早くも交代カードを使い切る。

 しかしこの試合の2点目はユヴェントスに生まれる。70分、右サイドでのパス回しからクラウディオ・マルキジオが浮き球のパスをDFライン裏へ。飛び出したテベスがGKを引き付け、並走していたアルバロ・モラタがラストパスを落ち着いて押し込んだ。ユヴェントスには試合を決める2点目のアウェーゴールとなった。

 意気消沈のドルトムントに対してユヴェントスは79分にもテベスが追加点。敵地で3-0の完勝を収めたユヴェントスが2連勝で準々決勝進出を決めた。

 ユヴェントスは2シーズンぶりのベスト8進出。一方のドルトムントは3シーズンぶりにベスト8進出を逃した。

【スコア】
ドルトムント 0-3 ユヴェントス

【得点者】
0-1 3分 カルロス・テベスユヴェントス
0-2 70分 アルバロ・モラタユヴェントス
0-3 79分 カルロス・テベスユヴェントス

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る