2015.03.12

キャラガー氏がチェルシー批判…いきすぎた抗議は「恥ずべき行為」

ジェイミー・キャラガー
解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが11日に行われ、チェルシーとパリSGが対戦した。この試合でパリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが退場したシーンについて、リヴァプールのOBで現在は解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏が言及した。11日付のイギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 イブラヒモヴィッチは、0-0で迎えた31分にチェルシーのブラジル代表MFオスカルに対して危険なタックルをおこなったとして、レッドカードを受けていた。

 試合を中継していた『スカイスポーツ』では、キャラガー氏がこのシーンについて解説。同氏は「とても不運だ。これはレッドカードに値するプレーじゃない。彼は足を引いている」と、イブラヒモヴィッチに対して同情する構えを見せている。

 また、イブラヒモヴィッチが「まるで11人の赤ん坊がいるのかと思った」と、振り返ったチェルシーの選手たちによる抗議について、「チェルシーの選手たちは恥ずべきリアクションをした。悲しいことに、このチームは何度もこのような反応をしている」と述べ、選手たちの姿勢を批判した。

 これに対し、マンチェスター・UのOBで現在は解説者を務めるギャリー・ネヴィル氏は「私はチェルシーの反応をけなそうとは思わない」と反論。一方で、上記の判定についてはやはり「レッドカードではないと思う。レフェリーは悪い判断をした」と、主審の判断を疑問視している。

 なお、試合は1-1で延長戦を迎え、120分の熱戦の末に2-2で終了。2戦合計スコアを3-3としながらも、アウェイゴールの差でパリSGが準々決勝進出を決めた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング