FOLLOW US

開始わずか3分で10人に…シャフタール指揮官「プラン崩れた」

ルチェスク監督(左)と退場処分を受けてピッチを後にするクチェル(右) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが11日に行われ、アウェーでバイエルンと対戦したシャフタールは、0-7で敗れた。試合後、シャフタールを率いるミルチェア・ルチェスク監督がコメントを残している。『UEFA.com』が伝えた。

 ホームでのファーストレグを0-0で終えていたシャフタールはベスト8進出を目指したが、ウクライナ代表DFオレクサンドル・クチェルがチャンピオンズリーグ史上最速となる試合開始3分でレッドカードを受けて退場。残り87分を10人で戦い、大敗を喫した。

 シャフタールは、2戦合計0ー7で同大会からの敗退が決定。ルチェスク監督は「バイエルンにおめでとうと言いたい。序盤のレッドカードでゲームプランが崩れた。我々は全てにおいて負けていたよ。バイエルンはメンタル面も強かった。我々は10人だけで戦い、試合に負けた。これに関して話すことはあまりない。ただ、このような結果になってしまったのは悲しい」と述べていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO