2015.03.12

バイエルンが7発完勝で4季連続8強入り…シャフタールは退場響く

ロベルト・レヴァンドフスキ
バイエルンの6点目を決めたレヴァンドフスキ(中央)【写真】=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが11日に行われ、バイエルンとシャフタールが対戦した。

 2月17日シャフタールのホームで行われたファーストレグを0-0の引き分け。セカンドレグはバイエルンのホームのアレアンツ・アレーナにシャフタールを迎えての一戦となった。

 先制点が勝利の命運を分ける試合だったが、バイエルンが早々に先制点を奪った。3分、裏に抜け出したマリオ・ゲッツェがシュートチャンスを迎えたが、オレクサンドル・クチェルに倒されPKを獲得。クチェルは決定機阻止となり一発退場を強いられた。獲得したPKをトーマス・ミュラーが冷静に沈め、バイエルンが試合開始4分で先制に成功する。

 数的優位になったバイエルンは高いボール支配率を保ちながら、追加点を狙う。8分、ロベルト・レヴァンドフスキが裏に抜けボールを運ぶと、ペナルティエリア左から中央にクロス。アリエン・ロッベンが反応するも、わずかに足が届かず。

 しかしバイエルンにアクシデントが発生する。19分に攻撃のキーマンであるロッベンが太ももを痛め、セバスティアン・ローデとの交代を余儀なくされた。

 バイエルンは34分、右サイドに流れたゲッツェからのクロスをジェローム・ボアテング、ミュラーとつなぎレヴァンドフスキがシュート。一度は弾かれるも、こぼれ球をボアテングが押し込み、追加点を挙げた。バイエルンは前半を2点リードで折り返した。

 後半もバイエルンは攻撃の手を緩めない。49分、左サイドからリベリーとダヴィド・アラバの2人で崩し、リベリーがフリーでシュート。これが決まり、バイエルンが3点目を挙げた。

 52分、再び左サイドを突破したリベリーがクロス。シャフタールDFに当たってこぼれた所をミュラーが押し込み、この試合2点目となるゴールを奪った。

 後半の2得点に絡んだリベリーだったが、サイド際での接触プレーで足首を痛めてしまい、59分にフアン・ベルナトと交代した。

 63分には右サイドに流れたラフィーニャが正確なクロスを供給。コーナーキックで中央に残っていたホルガー・バトシュトゥバーがヘディングで合わせ5点目。

 75分にレヴァンドフスキにもゴールが生まれる。バスティアン・シュヴァインシュタイガーからのロングパスに抜け出し、GKとDFの間合いを測りながらシュートを打ち、得点を挙げた。
 
 試合終了間際の87分には、カウンターから右サイドに流れたボアテングのクロスをゲッツェが受け、相手DF駆け引きしながら、シュートを決め、バイエルンは7点目を挙げた。

 一方的な試合展開となり、シャフタールは反撃するチャンスを与えられなかった。

 バイエルンがホームで7-0の完勝を収め、ベスト8へ進出した。

【スコア】
バイエルン 7-0(2試合合計:7-0) シャフタール

【得点者】
1-0 4分 トーマス・ミュラー(PK)(バイエルン)
2-0 34分 ジェローム・ボアテング(バイエルン)
3-0 49分 フランク・リベリー(バイエルン)
4-0 52分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
5-0 63分 ホルガー・バトシュトゥバー(バイエルン)
6-0 75分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
7-0 87分 マリオ・ゲッツェ(バイエルン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る