2015.03.11

不振続くレアルのアンチェロッティ監督「解任のことは考えてない」

険しい表情のアンチェロッティ監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが10日に行われ、レアル・マドリードは日本代表DF内田篤人の所属するシャルケと対戦。ホームで3-4と敗れたが、2試合合計スコアで5-4と上回り、準々決勝に進出した。

 ホームで打ち負け、2試合合計スコアで辛くも5シーズン連続のベスト8入りを果たした。公式戦3試合勝利なしで、リーガ・エスパニョーラでは約4カ月ぶりに首位を明け渡すなど、精彩を欠く戦いが続いている。

 浮上のきっかけを掴めない中、チームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、「私は解任されることを考えているのではなく、自分の仕事をし続けている」とコメント。「最善を尽くし、もっと良くする必要がある。今夜よりも良いプレーを引き出すのが監督」と、自身の責務を口にした。クラブ公式HPが伝えている。

 不調が続くが、「選手たちが監督への信頼をなくしたとは思わない。今は何とでも言える」と気持ちは揺るがない。「我々は非常に悪いプレーをしている。12月までやってきたことからすると、かなり不可解。不調を打開するためにはもっと何かしなければならない」と、復活への思いを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る