2015.02.25

香川出番なし…ユヴェントスがCL先勝、ドルトはアウェーゴールで望み

テベス
先制点を決め、お馴染みの“おしゃぶりパフォーマンス”を見せたテベス [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグが24日に行われ、ユヴェントスと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦。香川はベンチスタートとなった。

 ホームのユヴェントスはグループステージをアトレティコ・マドリードに次ぐ2位で通過。11月から公式戦21試合無敗(14勝7分)で、今シーズンは本拠地のユヴェントス・スタジアムで負けていない。ドルトムントはグループステージでアーセナルを抑えて首位突破。国内では苦戦が続いていたが、現在はリーグ戦3連勝と調子を上げている中で試合を迎えた。

 試合は早い時間に動く。13分、ユヴェントスは自陣でカルロス・テベスが出したパスを受けたアルバロ・モラタが左サイドを突破。そのままドルトムントゴールに近づくとシュート性のボールをGKローマン・ヴァイデンフェラーが弾き、こぼれ球をテベスが押し込み、先制に成功する。

 一方のドルトムントもすぐさま試合を振り出しに戻す。18分、ジョルジョ・キエッリーニが緩いロングボールを処理する際に足を滑らせてしまい、すかさずボールをさらったマルコ・ロイスがGKとの1対1を制し、貴重なアウェーゴールを獲得する。

 30分過ぎ、両チームにアクシデントが発生する。ドルトムントはウカシュ・ピシュチェクが負傷により、マティアス・ギンターと交代。ユヴェントスも37分にアンドレア・ピルロが下がり、ロベルト・ペレイラが入った。

 ユヴェントスは43分、テベスからのパスを受けたポール・ポグバが左からグラウンダーのラストパス。中央でフリーのモラタが押し込んで、前半終了間際に勝ち越す。

 1点ビハインドで後半に入るドルトムントはソクラティス・パパスタソプーロスに代わってオリヴァー・キルヒが入り、2枚目のカードを切る。71分、ユヴェントスはテベスがミドルシュートをゴール正面から打ったが、ゴール左へそれる。

 ドルトムントは76分、インモービレを下げてヤクブ・ブワシュチコフスキと投入し、前線の交代策を打つがチャンスを作ることはできず。結局スコアが動くことはなく、ユヴェントスが2-1で勝利した。

 3月18日に行われるセカンドレグはドルトムントの本拠地、ヴェストファーレンシュタディオンで行われる。

【スコア】
ユヴェントス 2-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 13分 カルロス・テベス(ユヴェントス)
1-1 18分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
2-1 43分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る