2015.02.18

アウェーゴール奪取のイヴァノヴィッチ「重要な得点だった」

イヴァノヴィッチ
パリSG戦で先制ゴールを挙げたイヴァノヴィッチ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日に行われ、チェルシーはパリSGと1-1で引き分けた。同試合を振り返り、チェルシーのセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチがコメントを残した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。



 イヴァノヴィッチは36分に先制点を奪取。貴重なアウェーゴールを手にしたことについて「チームにとって重要な得点だった。精神的に少し優位に立つことができると思う。ただ、こういったタイプの試合は難しいものだよ」と述べた。

 試合に関しては「前半はボールを保持していたし、良いプレーを見せたと思う。ポジティブな結果だよ」と主張。また、パリSGについては「彼らには3人のストライカーがいる。常にゴールを狙っていたから、全てを抑えるのは難しかった」と語っていた。

 セカンドレグは3月11日にチェルシーのホームで行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る