2015.02.18

X・アロンソ退場のバイエルン、攻撃作れず敵地でスコアレスドロー

シャフタール戦でレッドカードを受けたシャビ・アロンソ(左から3番目)[写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日行われ、グループHを2位で通過したシャフタールと、グループEを1位で通過したバイエルンが対戦した。
 
 シャフタールは国内リーグがウインターブレイクのため、この試合が2015年初の公式戦となる。一方バイエルンは、ウインターブレイク明け、リーグ戦で2試合勝利から遠ざかるものの、14日の試合ではハンブルガーSVに8得点を挙げる快勝でこの試合を迎えた。

 ウクライナ危機の影響により、ウクライナ西部のリヴィウで行われた一戦。立ち上がりからボールを支配するバイエルンが試合を優位に進め、サイドからアリエン・ロッベンがドリブルで仕掛けチャンスを作る。

 10分には、右サイドを突破したロッベンから、トーマス・ミュラーに決定的なパスが渡るも、シュートは枠を捉え切れず。31分には中盤でのボール奪取から、フランク・リベリーにつなぎ、ペナルティエリア内でボールを受けたミュラーはシュートを放つも枠を捉えられず。両チーム前半を無得点で終えた。

 自陣に引いた守備の時間が長かったシャフタールも、後半は攻撃の姿勢を見せる。グループステージで9得点を挙げているルイス・アドリアーノを中心にバイエルン陣内に攻め込む。しかし、なかなかシュートまでの形は作り切れなかった。

 前半から両チームにイエローカードが出る試合内容であったが、後半はよりエキサイトした展開に。65分にはシャビ・アロンソがこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。バイエルンは、残り時間を10人で戦うことを余儀なくされる。最終的には両チーム合計して、8枚のイエローカードが出る荒れた試合となってしまった。
 
 1人少なくなったバイエルンは、75分にロベルト・レヴァンドフスキを投入し攻撃の糸口をつかもうとするも、スコアは動かず。シャフタールも数的優位を生かせず無得点。試合は0ー0のまま終了した。

 セカンドレグは3月11日にバイエルンのホーム、アリアンツ・アレーナで行われる。

【スコア】
シャフタール 0ー0 バイエルン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る