2015.02.17

チェルシー戦に臨むブラン監督…負傷者続出も「結束は強まる」

ブラン監督
前日会見に望むブラン監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日に行われ、パリSGはホームにチェルシーを迎える。チームを率いるローラン・ブラン監督が前日会見に臨み、コメントをクラブの公式HPが伝えている。

 パリSGは14日に行われたリーグ・アン第25節のカーン戦において、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ、フランス代表MFヨアン・キャバイェ、ブラジル代表DFマルキーニョス、同国代表MFルーカスの4選手を負傷で失った。交代枠を使いきった後の負傷もあったため最終的に9人で戦ったチームは、試合終了間際に同点ゴールを決められ、2-2の引き分けに終わっていた。

 ブラン監督は「私が就任してから最も難しい局面を迎えている。良い準備をするべきだ。しかし前向きに考えるならば、選手、コーチ、メディカルスタッフ、観客がこの状況により結束を強めるかもしれないとも考えられる」と、現状を嘆きながらも前向きな考えを表明し、「オーリエ、キャバイェ、ルーカスの3人は試合に出られない。不幸なことだがこれは確実だ。他にも出られるのか際どい選手たちがいる。月曜午後の練習で判断するが、100%の状態ではない選手はチェルシー戦には使わない」と、具体的な欠場者の状況を説明している。

 続けて「とても重要な試合だ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでは、チェルシーは我々のホームで1得点を挙げた。我々は出来る限り得点を許さないようにしなければならない。それこそが重要だ。どちらのチームにも強力な攻撃陣がいる。逆に考えると、守備がこの試合では重要になる」と、試合のポイントを挙げていた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る