2014.12.11

ローマがCL敗退…ガルシア監督「マンCの方が経験があった」

ガルシア
CLのマンC戦に臨んだローマのガルシア監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が10日に行われ、ローマはホームでマンチェスター・Cと対戦し0-2で敗戦。決勝トーナメント進出を逃した。試合後、ローマを率いるルディ・ガルシア監督がイタリアメディア『Canale 5』のインタビューに答えている。



 グループEの最終節は、ローママンチェスター・C、CSKAモスクワがともに勝ち点5で並んでおり、決勝トーナメント進出がかかった大切な試合だった。

 ガルシア監督は試合後、「後悔は一切ない。今晩の試合は決勝戦のような一戦だった。マンチェスター・Cは強い相手で、何人かの選手が不在であることは分かっていた。グループリーグ突破には幸運も少し必要だった」と語ると、「最初の45分に、何かしらもっと良いことができたはずだ。得点することが可能だった」とチームがスコアレスで終わったことを嘆いた。

 さらに、同監督は前節のCSKAモスクワでの1-1の引き分けに後悔しているかとの問いには「それはない。あの試合で結果が変わっていても、何も変わらなかっただろう。今日の試合で引き分けを目指すことは、自殺行為だったと思う」と答え、「マンチェスター・Cの方がこの種の試合に戦うことに少し経験があったと感じた。我々は学ばなければならない」と、相手チームの方が優れていたと認めている。

 そして、「もしチャンピオンズリーグで戦うことを望むのであれば、素晴らしいカンピオナート(リーグ戦)にしなければならない。選手には、それを望んでいる。私は選手から落胆の思いを取り除かなければならない」と話し、リーグ戦への戦いに向けて気持ちを切り替えることが必要だと語っている。

 最終節の結果、すでに首位通過を決めているバイエルンがCSKAモスクワに勝利したため、ローマを下したマンチェスター・Cが2位となり、決勝トーナメント進出が決定した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る