2014.12.10

ひざを負傷したマンCのFWアグエロ、最長8週間の離脱か…監督明言

アグエロ
エヴァートン戦で負傷交代となったFWアグエロ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督は、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが最長8週間の離脱を強いられると、イギリスメディア『スカイスポーツ』に語った。



 アグエロは、6日に行われたプレミアリーグ第15節のエヴァートン戦に先発出場したが、7分にひざを負傷し交代となっていた。

 ペジェグリーニ監督は、10日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のローマ戦に向けた前日会見で、アグエロについて言及。「4から5、おそらく6週間の離脱だろう。彼の回復の過程次第だけどね。だが我々のチームは1人の選手に頼ったりはしない」と同選手のけがの状況を明かした。

 しかし、その後の同メディアのインタビューでは、治療と回復の過程次第だが最長で8週間の離脱を強いられると明言したと伝えられている。

 マンチェスター・Cの属するグループEは、バイエルンが勝ち抜けが決定。その他の3チーム、マンチェスター・C、ローマ、CSKAモスクワが勝ち点5で並んでいる。そのため、マンチェスター・Cにとって10日のローマ戦は決勝トーナメント進出には何としても勝ち点3が欲しい試合となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る