2014.12.10

先発出場の香川、地元メディアから厳しい評価「チーム唯一の失望」

香川真司
アンデルレヒト戦に先発出場した香川真司(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 9日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節で、グループDでは日本代表MF香川真司のドルトムントとアンデルレヒトが対戦。1-1の引き分けに終わり、ドルトムントがグループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。


 香川は先発メンバーに名を連ねたが得点には絡めず、84分にポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキとの交代でベンチに下がっている。

 試合後、地元メディアは各選手の採点と寸評を発表。香川に関する評価は以下のように厳しいものになった(1が最高、6が最低)。

 各メディアの採点および寸評は以下のとおり。

『レヴィーア・シュポルト』
採点:5(ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:4分にFWチーロ・インモービレのビッグチャンスを演出したが、この試合で彼の良いプレーはこれだけだった。この日本人はチームで唯一の失望だ。チームが前がかりになっている時のパスミスは不快。先制点を奪った直後の(自分でシュートを打った)プレーもわがままだ。

『デア・ヴェステン』
採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:(チーロ)インモービレに流した4分のパスだけが見どころ。この司令塔が見せ場を作ったシーンは他にはない。ゴールチャンスもあったが、大きく外している。

『ルールナハリヒテン』
採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:先発に復帰し、4分にはインモービレに良いパスを出した。また28分にはシュートも放っている。幸運にも彼が犯した34分のパスミスは失点につながらなかった。セカンドクラスの相手に対し、3回に1回もボールを失っているようでは、まったくもって弱すぎる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング