2014.12.10

ユーヴェがA組2位、2季ぶりにCL決勝Tへ…アトレティコとドロー

CL決勝T進出を決めて喜ぶユヴェントスの選手たち [写真]=Getty Images

 9日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節で、グループAではユヴェントスとアトレティコ・マドリードが対戦した。



 グループステージ5試合を終えて3勝2敗の勝ち点9、自力での決勝トーナメント進出には引き分け以上の結果が必要なユヴェントス。ホームでの一戦では、GKジャンルイジ・ブッフォンやジョルジョ・キエッリーニ、ポール・ポグバ、アンドレア・ピルロ、カルロス・テベスらが先発出場した。

 一方、勝ち点12で既にグループステージ突破を決めているアトレティコ・マドリードは、ディエゴ・ゴディンやコケ、マリオ・マンジュキッチらが先発メンバーに名を連ね、敵地での一戦に臨んだ。

 前半は拮抗した展開となり、互いに決定機を作れないままハーフタイムへ。後半に入ってもシュートはペナルティーエリアの外からのものが目立ち、54分にはフェルナンド・ジョレンテからのパスを受けたテベスが落とし、最後はポグバが右足ミドルシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。64分にはポグバが思い切りよくロングシュートを放ち、軌道が変化したボールをGKミゲル・アンヘル・モジャが弾いたが、アトレティコ・マドリードのDFがカバー。得点を許さなかった。

 複数でシュートブロックに入るなど見応えのある守備が際立った一戦は、0-0で終了。スコアレスドローに終わり、勝ち点を10に伸ばしたユヴェントスがグループAの2位に入って決勝トーナメント進出を決めた。同クラブのグループステージ突破は2012-2013シーズン以来2季ぶり。また、勝ち点を13に伸ばしたアトレティコ・マドリードはグループAの首位で決勝トーナメントに進む。

【スコア】
ユヴェントス 0-0 アトレティコ・マドリード

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る