2014.11.26

GS突破へ意気込むユーヴェFWテベス「運命は僕らの手の中にある」

テベス
マルメ戦への意気込みを語ったテベス [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、26日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のマルメ戦の前日会見に臨み、意気込みを語った。25日付のイタリア紙『トゥットスポルト』がコメントを伝えている。

 ユヴェントスは、背水の陣で迎えたCLグループステージ第4節のオリンピアコス戦から「4-3-1-2」のフォーメーションに変更。同試合で見事に逆転勝ちを収めると、けが人の影響もありこの布陣を継続している。さらに変更後の3試合で13得点と、攻撃陣が爆発的な得点力を見せている。

 テベスは新たなフォーメーションについて「新しい戦い方はこれまで以上に良くなっていると感じている。だが、それほど大きく戦い方が変わったとは思っていない。自由に動けているよ。センターフォワードとしてもプレーできるし、中盤に下がってプレーもできる。こういった動きができることからより自由なスタイルと表現させている」と述べ、アントニオ・コンテ前監督の時よりも、自由な動きが許されていると強調した。

 オリンピアコスに直接対決の成績で上回られているため、残り2試合を連勝で飾りたいユヴェントス。テベスは、決勝トーナメント進出の可能性について「突破できる可能性はまずまずだと思うが、勝ち抜けの確率を挙げたくはない。突破の可能性は自分たち次第。これが重要だ。だが、明日の試合に勝てば、70から80パーセントにすることができるだろう。だが、数字はさておき、運命は僕らの手の中にある」と語り、突破も敗退も自分たちの結果にかかっていると主張している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る