FOLLOW US

オリンピアコスに完封負け…ブッフォン、不調の前半を悔やむ

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、オリンピアコスとユヴェントスが対戦。敵地に乗り込んだユヴェントスは0-1で完封負けを喫した。

 ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが試合後、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューで敗戦を振り返った。

 ブッフォンは、「後半は多くのチャンスを作り、最高の試合を見せた。だが、多くのチャンスを作りはしたけれど、試合を挽回することはできなかった。いつもの自分たちではなかった前半の戦いが悔やまれる。もし。後半のパフォーマンスのように試合を通して戦っていたら、結果はこうではなかっただろう」と感想を語った。

 そして、「(マッシミリアーノ)アッレグリ監督が選手のポジションを変えることで多くを修正し、うまく試合が運ぶこととなった。どんな敗戦も道のりを難しくする。決して内容は悪くはなかったが、敗れてはいけなかった」と語り、惜敗に悔しさを見せていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO