2014.10.22

ジェラード、過去にレアルへの移籍の可能性があったことを明かす

過去にレアル・マドリード行きの可能性があったジェラード(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプールは22日、チャンピオンズリーグ・グループB第3節でレアル・マドリードをアンフィールドに迎える。リヴァプールのキャプテンを務める元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードは、レアル・マドリードに移籍する可能性があったことを明かした。イギリス紙『エクスプレス』が同選手のコメントを伝えている。

 レアル・マドリード戦の前日会見に臨んだジェラードは、同クラブから関心を抱かれていたことを明かしたものの、リヴァプールへの愛を貫いたと強調している。

「レアル・マドリードのようなビッグクラブに興味を持たれたことは嬉しいね。僕のキャリアを通じて、レアル・マドリードに行く可能性はあった。でも、地元のクラブに残るため、その誘惑を跳ね除けたんだ」

「キャリアの最後に、異なる景色を経験しなかったことを後悔するかもしれない。でも、愛するリヴァプールを去る方が後悔したはずだ。レアル・マドリードは特別なクラブだが、僕にとってリヴァプールが一番のクラブだよ」

 また、2009年3月のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦以来となるレアル・マドリードとの対戦に向けて、以下のように意気込みを表している。

「僕たちはチャンピオンズリーグに戻ってきたばかりだし、レアル・マドリードを恐れることはない。彼らを悩ませる敵はあまりいないけど、僕たちは進歩し、前に進んでいる。試合では楽しむだけだ。明日の夜は、人々に衝撃を与えることを楽しみにしている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る