2014.10.22

マンチェスター・C、2点のリードを守りきれずCSKAモスクワに痛恨ドロー

公式戦5試合連続ゴールを奪ったアグエロ(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・シティは21日、CLグループE第3節でCSKAモスクワとアレーナ・ヒムキで対戦し、2-2で引き分けた。

 初戦のバイエルン戦を落とし、ホームでローマに引き分けたマンチェスター・Cは1分1敗スタート。グループで最も実力の劣るCSKAモスクワとの対戦で必勝が求められるなか、マンチェスター・Cは3日前に行われ4-1で勝利したトッテナム戦のスタメンから5選手変更。MFヤヤ・トゥレやFWエディン・ジェコ、DFパブロ・サバレタやDFエリアキム・マンガラが先発に復帰した。

 無観客、気温マイナス2度で迎えたキックオフ。バイエルン戦同様、5-4-1の守備的な布陣で臨んできたCSKAモスクワに対し、マンチェスター・Cが敵陣でポゼッションして打開を狙う展開となった。そんななか、最初にゴールに迫ったのはCSKAモスクワ。自陣に守備ブロックをつくりながらもカウンター時に人をかけると、7分にFWアーメド・ムサが、10分にMFゾラン・トシッチがそれぞれミドルシュートでマンチェスター・Cゴールを脅かした。

 一方、バイタルエリア中央でボールを受けるMFダビド・シルバと、両サイドバックをウイングの位置に押し上げてアクセントを付けにかかるマンチェスター・Cは13分、オーバーラップしたサバレタがボックス右からシュートを放ったが、わずかに枠外へ。その後もマンチェスター・Cが引き続き敵陣でポゼッションを握ると、29分に先制する。シルバの浮き球パスに反応したジェコがオフサイドトラップをかいくぐって独走し、最後はFWセルヒオ・アグエロへラストパスを出してゴールが決まった。

 前半半ばを過ぎて冷たい雨が降り出してきた一戦は、マンチェスター・Cが引き続きボールを保持。35分のジェコのシュートはGKアキンフェエフにセーブされるが、直後の37分に追加点を挙げる。ヤヤ・トゥレの浮き球フィードに抜け出したサバレタがボックス右から折り返し、アグエロがシュートしたルーズボールをゴール前に詰めていたMFジェイムズ・ミルナーがスライディングで押し込んだ。その後も39分にミルナーがポスト直撃のシュートを放つなど、マンチェスター・Cが圧倒したまま前半を終えた。

 後半からMFアレクセイ・ベレズツキに代えてFWセイドゥ・ドゥンビアを投入したCSKAモスクワは、4-2-3-1の布陣に変更。ドゥンビアが1トップに入り、2列目を右からトシッチ、MFロマン・エレメンコ、ムサと並べた。そのCSKAモスクワが立ち上がりからポゼッションを高めていったが、自陣に引くマンチェスター・Cを崩すには至らない。それでも65分、ムサがディフェンスライン裏を取ってボックス右に抜け出し、折り返したクロスボールをドゥンビアが詰めて1点差に詰め寄った。

 2-1とされたマンチェスター・Cはギアを上げ、敵陣でポゼッションしていく。71分にはジェコを下げてMFヘスス・ナバスを入れ、4-2-3-1に布陣変更。2列目を右からヘスス・ナバス、シルバ、ミルナーと並べる。その後、FKからDFセルゲイ・イグナシェヴィッチをフリーにしてヘディングシュートを打たれ、77分にはエレメンコに抜け出されて決定的なシュートを浴びたマンチェスター・Cは、シルバを下げてMFフェルナンジーニョを投入し、逃げ切りを図った。

 しかし85分、左サイドからのクロスボールを受けにかかったドゥンビアをDFアレクサンダル・コラロフが倒してしまい、PKを献上。これをMFビブラス・ナトホに決められ、まさかの同点に追いつかれてしまう。慌ててFWステヴァン・ヨヴェティッチを入れたマンチェスター・Cだったが、時既に遅し。痛恨のドローに終わり、勝ち点2を失ってしまった。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
CSKAモスクワ 2-2 マンチェスター・シティ

【得点者】
29分 1-0 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
37分 2-0 ジェイムズ・ミルナー(マンチェスター・シティ)
64分 2-1 セイドゥ・ドゥンビア(CSKAモスクワ)
86分 2-2 ビブラス・ナトホ(CSKAモスクワ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る