2014.10.21

バイエルンのペップ監督、古巣ローマ戦に「素晴らしい思い出がある」

グアルディオラ
現役時代にローマでプレーしたグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、21日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージのグループE第3節、アウェイでのローマ戦に向けて意気込みを語った。イタリアメディア『Football ITALIA』が同監督のコメントを掲載した。

 現役時代、2002-03シーズンにローマでプレーしたキャリアを持つグアルディオラ監督は、当時を振り返り次のように語った。

「ローマ、そしてイタリアは素晴らしい国だよ。ローマはカタルーニャの文化に非常に似ていて、今でも夏によく訪れる。家族もそこで生活していたから、街とクラブには素晴らしい思い出があるんだ。ブレシアも重要なところだね。マッツォーネ監督からは多くを学んだ。ローマがサッカーにどれだけの情熱を注いでいるかも知っている。ここに戻って来られて嬉しいよ」

 そして、同試合については「ローマ戦は我々にとって難しいチャレンジとなる」と見据えており「私は最初からこのグループの勝ち抜けが最終節に決まると言ってきた。そして、ローマ戦が自分たちの立ち位置を知る素晴らしい機会になるとも思っている」と、ローマ戦グループステージでの大事な試合と位置付けている。

 最後に現役時代に共にプレーしたローマのキャプテン、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティについても同監督は言及した。

「38歳であれだけのプレーをするには相当な情熱が必要だ。彼がまだサッカーを好きでいる証明となっている。トッティに会えるのは嬉しいことだよ。彼はガルシア監督のプレースタイルにフィットしているね。今後も現役を続けてくれることを願っているよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る