2014.10.10

UEFAがCLのシード方法を変更へ…国内のリーグ王者が第1ポットに

組み合わせ抽選に用いられるボール [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、来シーズンからチャンピオンズリーグのシード方法を変更するようだ。大手メディア『スカイスポーツ』など主要メディアが報じている。

 UEFAのジャンニ・インファンティーノ事務総長は、チャンピオンズリーグのグループステージにおけるシード方法に関し、ポット1に入る8チームが前年のチャンピオンズリーグ覇者とUEFAリーグランキングの上位7カ国の国内王者に変更する予定だと語っている。

「この計画は、(UEFAの)実行委員会によって後ほど批准される予定だ。各国リーグ協会からの推薦を受け、来シーズンからこのシードシステムに変更する」

「チャンピオンズリーグの優勝クラブはポット1に入る。残りのポット1の7クラブは、UEFAにおける係数の上位7クラブではなく、UEFAリーグランキングの上位7カ国で優勝した7クラブだ。このシステムは抽選に新たな楽しみをもたらし、そのやり方でグループステージが決まる。来シーズンからこのレギュレーションが承認されるだろう。それぞれのリーグのチャンピオンは、勝者に応じた賞与がほしいと感じていたはずだ」

「過去数年のリーグチャンピオンは、必ずしも上位のポットに入るわけではなかったため、その理解に苦しんだことだろう。それは、フランスやイングランドで起こった。そういった国のチャンピオンが、第3ポットに組み込まれ、リーグ戦で下位のチームより低いポットに入ることを理解できなかったはずだ。フットボールは勝利することだ。競争することがスポーツのメリットである。このような特別措置が勝者に与えられるのは、ごく自然なことのように思う」

 チャンピオンズリーグのグループステージにおける抽選方法は通年、UEFAの係数で上位のクラブから第1ポット、第2ポット、第3ポット、第4ポットと振り分けられていた。しかし、この方法だと、ここ数年でビッグクラブに成り上がったマンチェスター・CやパリSGといった国内リーグ王者が第1ポット以下のポットに組み込まれる状況となっていた。

 この方法が正式に決定すれば、現時点におけるUEFAリーグランキングの上位7カ国であるスペイン、イングランド、ドイツ、ポルトガル、イタリア、フランス、ロシアの国内リーグ王者がポット1に組み込まれる。なお、第2ポット以下の選定に関しては明かされていない。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る