2014.10.02

サッキ氏、完封負けのユーヴェを批判「国外での戦い方を忘れている」

アトレティコに敗れたユヴェントスの選手たち [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が1日に行われ、グループAではアトレティコ・マドリードとユヴェントスが対戦。ユヴェントスは0-1で敗れた。

 ユヴェントスの敗戦を受けて、元イタリア代表監督のアリゴ・サッキ氏が、イタリアメディア『メディアセット』でコメント。同クラブを批判した。

 同メディアでコメンテーターを務めたサッキ氏は「0-0で終わっていれば、多くの人は『パーフェクトな試合だった』と書いていただろう。ユーヴェが引き分けを目指し、アトレティコが勝利を奪いにいった試合だった。ユヴェントスはイタリア国内で試合をする時は、素晴らしい気持ちの強さを示すように見えるが、国外でプレーすると、どのようにサッカーをするのか忘れているように見える」とコメント。ユヴェントスが内弁慶であると主張した。

 さらに「ポゼッションを高めたら、シュートで終わらなければならない。そうでなければ、ポゼッションを高めても実りのないものに終わる。ユーヴェはもっとスピードを高め、攻撃に人数をかけて戦うべきだった」と話し、ユヴェントスの戦い方に不満を示していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る