2014.10.02

アウェーでの逆転勝利にC・ロナウド「良い試合ではないが…」

C・ロナウド
ルドゴレツ戦でゴールを決めたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、1日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 試合は、ルドゴレツ・ラズグラドが6分に先制する。レアル・マドルードは10分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを失敗するが、24分に再び訪れたPKのチャンスを同選手が決めて追いつくと、77分にはフランス代表FWカリム・ベンゼマがゴールを奪い逆転に成功。このまま2-1で勝利を収めた。

 敵地での一戦について、クリスティアーノ・ロナウドは「良い試合ではなかった。でも、最も重要なのは勝ち点3を手にすることだよ」とコメント。さらに「チームのパフォーマンスは良くなかったけれど、ゴールを決めることができたし、勝利を手にしたから嬉しい」と述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る