2014.10.02

バーゼルに完封負け…リヴァプール指揮官「1ポイントに値する戦い」

ロジャーズ
バーゼルに敗れたリヴァプールのロジャーズ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールは1日、チャンピオンズリーグ・グループB第2節のバーゼル戦で0-1と完封負けを喫した。ブレンダン・ロジャーズ監督は、引き分けに値する試合だったとの認識を示している。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 敵地に乗り込んだリヴァプールは、52分にCKの流れからこぼれ球をバーゼルの元スイス代表FWマルコ・シュトレラーに押し込まれて先制を許した。以降も得点を奪うことができず、0-1で敗れてグループ3位に後退した。

 ロジャーズ監督は、セットプレーからの失点場面を振り返って「軽い対応だった」とミスを認めつつ、試合については引き分けが妥当な結果だったと主張した。

「ドレッシングルームでは誰もが失望していた。我々の失点シーンは、本当に軽い対応だったと思っている。こういったことは、これまでに何度も起きている」

「後半の入り方も良く、ゴールに近づいていた。そんな時に、あの失点が生まれてしまった。やはりアウェーでの試合は難しいものだ。バーゼルを称えるべきだが、我々は少なくとも(勝ち点)1ポイントを得るに値する戦いを見せていたと思う」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る