2014.10.01

バルセロナのエンリケ監督、今季初黒星に「責任は私にある」

エンリケ
パリSG戦の敗戦を悔やむエンリケ監督 [写真]=Getty Images

「パリSGはチャンスをモノにし、我々のミスを最大限に生かした。リードを失うことへの心配はない。この先の数試合で良いフィーリングを取り戻せるかが心配だ。ボールを取り返すところでミスがあり、それがセットプレーになった。ビハインドを背負っているとき、流れを変えるのは簡単ではない」

 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、9月30日に行われたチャンピオンズリーグのグループF第2節、パリSG戦を振り返った。クラブ公式サイトが同監督のコメントを伝えている。
 
 1-2の1点ビハインドで前半を終えたバルセロナは、54分にフランス代表MFブレーズ・マテュイディにゴールを許し、リードを2点に広げられる。その2分後にブラジル代表FWネイマールのゴールで1点を返したが、同点ゴールを奪うことができず、2-3で試合は終了した。
 
 ルイス・エンリケ監督はパリSGの勝利について、「驚くことではない。私が言った通り、彼らはチャンピオンズリーグの優勝候補の1つだ」とコメント。続けて、今季初黒星を喫した試合について次のように振り返っている。

「パリSGは我々のプレッシャーに対処した。我々はラスト30分のところまで、相手に大きなダメージを与えることができなかった。私としてはドローで終えることができる試合だったと感じている」

「この敗戦の責任は私にある。今後、正しく修正できるかどうかも私次第だ。このような敗北を喫しないように努めなければね。それをピッチの上で示さなければいけない」

 バルセロナの次戦は、4日に行われるリーガ・エスパニョーラ第7節のラージョ・バジェカーノ戦となっている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る