FOLLOW US

独メディア採点…CLマリボル戦途中出場の内田に「良いシーン作った」

後半から45分間プレーした内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が9月30日に行われ、グループGでは日本代表DF内田篤人が所属するシャルケとマリボル(スロベニア)が対戦した。内田はベンチスタートだったが、0-1で迎えた後半頭から出場し、右SBとして45分間プレー。試合は1-1のドローに終わっている。

 試合後、地元の各メディアが採点と寸評を掲載している。(1が最高、6が最低)

『レヴィーア・シュポルト誌』
採点:3
寸評:彼を大事に扱おうとしたのは、イェンス・ケラー監督のプランだった。(後半から入った内田は)右サイドの守備に気を配り、センタリングや横パスでいくらかの良いシーンを作り出した。

『デア・ヴェステン紙』
採点:3
寸評:彼が入ったことで右サイドの守備が焦げ付くことはなくなった。しかし試合中に顔を出すことは少なかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA