2014.10.01

バイエルン、支配率7割超でパス864本成功も…PKの1得点のみ

CSKAモスクワ戦で864本のパスを成功させたバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が9月30日に行われ、グループEではCSKAモスクワとバイエルンが対戦。バイエルンが、ドイツ代表MFトーマス・ミュラーの決勝点で1-0で勝利を収めた。

 敵地で完封勝利を収めたバイエルンは、同試合で926本のパスを試み、約93.3パーセントにあたる864本を成功。ボール支配率は73パーセントを記録した。『UEFA.com』が伝えている。

 バイエルンは圧倒的にボールを支配し、23本ものシュートを放つなど攻勢をかけたが、最終的には1得点を挙げるにとどまった。22分、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがペナルティーエリア内で倒されて得たPKを、ミュラーが決めた得点だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る