2014.09.30

モウリーニョ監督、母国クラブとの対戦は「素晴らしい喜び」

モウリーニョ
S・リスボン戦に臨むチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、30日に行われるチャンピオンズリーグ・グループG第2節、日本代表FW田中順也のスポルティング・リスボン戦に向けた意気込みを語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 17日に行われたグループG第1節でシャルケと引き分けたチェルシーは、同じく第1節をドローで終えたスポルティングとアウェーで対戦する。モウリーニョ監督は、スポルティングが引き分けを狙って戦うようなチームではないとし、今回の一戦が激しいものになるとの考えを示した。

「スポルティングは自分たちの武器を備えている。相手にとっては、1ポイントは良い結果と考えることができるだろう。では、そのチームは1ポイントを手にすることを目標として戦略を立てるだろうか。我々は、ドローのためではなく、勝つためにプレーするチームを見てきた。彼らが自分たちのアイデンティティを持つなら、この試合は素晴らしい試合になるだろう」

 またスポルティングは、モウリーニョ監督がかつてボビー・ロブソン氏のアシスタントとして働いたクラブでもある。今回の対戦については特別な感情があるようだ。

「誇らしい感覚があるよ。(監督業の)キャリアの最初だったから、できるだけアシストを行おうと試みた。唯一の悪い記憶は、そこを去った時のことだ。しかし、私には彼らに対する悪意はない」

「私がチャンピオンズリーグでポルトガルのチームと対戦したのは2006-2007シーズンが最後だから、長い時間が経った。素晴らしい喜びがある」

「もし私がこのグループの最終的な勝ち上がりチームを決めることができるなら、チェルシーが1位でスポルティングが2位になることを選ぶだろう」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る