2014.09.18

レアルのS・ラモス「カシージャスにブーイングなど浴びせられない」

CLバーゼル戦に先発出場したセルヒオ・ラモス(右) [写真]=Getty Images

 16日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節、レアル・マドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでバーゼルを5-1で下した。


 リーガ・エスパニョーラでは先月31日の第2節レアル・ソシエダ戦、今月13日の第3節アトレティコ・マドリード戦と連敗を喫したレアル・マドリードだが、この日は格下のバーゼルを相手に自慢の攻撃陣が爆発。14分に相手オウンゴールで先制すると、30分にはMFガレス・ベイル、31分にはFWクリスティアーノ・ロナウド、36分にはMFハメス・ロドリゲスが相次ぎゴールを奪って勝負を決める。チームは1点を返されて迎えた後半も、34分にFWカリム・ベンゼマが駄目押しゴールを決め、4点差で快勝した。

 この勝利により、チャンピオンズリーグ連覇に向けて好発進を切ると共に、連敗ストップに成功したレアル・マドリード。副将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、試合後のインタビューで連勝街道への転換を誓った。

「僕達は今、連勝による良い流れを作り、人々のメンタリティを変えなければならない。フットボールの世界では、後悔をするのではなく、ミスから学ぶことが求められる。僕達はハードワークをもって問題を解決し、皆で向上していかなければならない。そのためにも、チームに絶対の自信を持つことが重要だ」

 一方、この日もスタンドの一部で起きた主将のスペイン代表GKイケル・カシージャスへのブーイングについて質問されたセルヒオ・ラモスは、サポーターの感情に配慮をしながらも苦言を呈した。

「僕はこれ以上ゴールマウス論争について話すつもりはない。選手は公衆の面前にさらされる側、観客は評価を行う側にいる。僕達は彼らの意見をリスペクトしなければならない。だが、僕はマドリディスタ(レアル・マドリードのサポーター)としても、チームメイトとしても、カシージャスにブーイングなど浴びせられない。人々には自分が望む通りに振舞う権利があるのは分かっているが、少なくとも自分にはそんなことはできない。ああいった経験は、選手にとって決して気持ちの良いものではない。しかし、ベルナベウではチームの誰もが、とりわけ有名な選手がブーイングを浴びてきた」

 セルヒオ・ラモスはまた、この日のゴールラッシュによるサポーターの前向きな変化に期待を寄せた。

「人々は日常の喧騒を忘れて楽しむためにスタジアムに来るが、この数週間は幸せを感じて家路に着くことができなかった。こういった状況では選手への要求は厳しくなるものだが、サポーターからブーイングが起きようが起きまいが、僕達はそれについて何かを言う立場にはない。しかし、彼らがチームを盛り上げてくれた時、ここは唯一無二のスタジアムになる」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング