2014.09.18

チャンスを逃してのドローにモウリーニョ監督「これがCL」

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、チェルシーはホームで日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦し、1-1で引き分けた。試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が結果に対して不満を示した。『UEFA.com』が伝えている。


 チェルシーは何度もチャンスを迎えながら、スペイン代表MFセスク・ファブレガスが挙げたゴールしか奪えず、勝ち点3を逃した。試合を振り返ったモウリーニョ監督は「勝利を手にするための機会が何度かあった。最高の結果ではない。だが、これが結果だ」と述べ、追加点を奪えなかった展開を悔やんだ。

 さらに、同監督は「これがフットボールであり、チャンピオンズリーグだ」とコメント。対戦相手のシャルケに対しては「同点ゴールを挙げてから、1-1で試合を終えようとしていた。そして、彼らは目的を達成した」と述べた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング