2014.09.18

マンC撃破を喜ぶグアルディオラ監督「我々は勝利に値していた」

グアルディオラ
バイエルンを率いるグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、17日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のマンチェスター・C戦を振り返った。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ王者のマンチェスター・Cとホームで激突したバイエルンは、互いに無得点のまま迎えた試合終了間際に、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングがゴールを奪い、1-0で勝利を収めた。

 劇的な勝利を収めた一戦について、グアルディオラ監督は「我々は、この勝利に値していた。後半に見せた選手たちのプレーはレベルが高かったと思う」と語り、勝利を喜んだ。

 また、グアルディオラ監督は、同試合で先発出場したブラジル代表DFラフィーニャに言及。「彼にとっては、ここ2カ月で最初の試合だった。これまで負傷していたが、強い心を持ってプレーしていたと思う。そして、他の選手のパフォーマンスも良かった」とコメントした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る