2014.09.17

ドルトのクロップ監督、CL完勝スタートに満足「内容はほぼ完璧」

2008年から指揮を執るクロップ監督  [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節が16日に行われ、グループDでは香川真司の所属するドルトムントがホームでアーセナルを2-0と下し、白星スタートを切った。

 ドルトムントは、昨シーズンに続いてアーセナルとグループリーグで同居。当時はホームで0-1と敗れて1勝1敗だったが、今回の対戦ではシュート数で24対4と圧倒するなど、ユルゲン・クロップ監督が「内容はほぼ完璧だった」と誇るように、結果以上の完勝を収めた。

「あらゆるエリアで激しくプレスをかけた」という指揮官は、「スペースの使い方をはじめ、気迫を前面に出して攻撃的にできた」と満足した様子。何度も好機を作り出した出来に、「アーセナルに大きなインパクトを与えたに違いない」と振り返ったが、敵将のアルセーヌ・ヴェンゲル監督も、「中盤で差をつけられた。妥当な結果」と認めるしかなかった。

 2012-2013シーズンに決勝進出を果たしたドルトムント。10月1日に行われる第2節では、ベルギーのアンデルレヒトとアウェーで対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る