2014.09.17

バーゼル戦で先制OG誘発…レアルDFナチョ「勝てたことは大きい」

ナチョ・フェルナンデス
先制点となるオウンゴールを誘発したナチョ [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのスペイン人DFナチョ・フェルナンデスが、チャンピオンズリーグ初戦での勝利に満足感を示している。スペイン紙『アス』がコメントを伝えた。



 直近のリーガ・エスパニョーラで2連敗を喫していたレアル・マドリードだが、16日に行われたチャンピオンズリーグ・グループB第1節、日本代表FW柿谷曜一朗のバーゼル戦では5-1の圧勝を収めた。この試合で先制点となるオウンゴールの起点になったナチョは、リーグ戦の不振を払拭する勝利に満足している。

「リーグ戦で敗れていたから、今日の試合で勝てたことは大きいね。ファンはスタジアムに来て、自分たちが望むように何でもすることができる。当然、僕たちのプレーについて何か言うこともできる。でも、重要なことは、選手とファンの間で統一感を持つことだよ。僕はそれが可能だと思っている」

「今日の試合はベストな試合ではなかったと思う。でも良いテンポだったし、何よりも欲しかった結果を得ることができた。僕自身も先制点の起点となれて嬉しいよ。チャンスをものにしたいと思っていた。そうなるように、今は毎日のトレーニングからアピールしているよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る