2014.09.16

負傷者多く抱えるクロップ監督、CL初戦に「あと1日余裕があれば」

負傷者を多数抱える現状について語ったクロップ監督 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、多くの負傷者を抱える現在のチーム状況について自信の考えを明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 ドイツ代表DFマッツ・フンメルスや同代表MFマルコ・ロイスなど主力の多くが負傷によって戦列を離れている現状に、クロップ監督は「こういった悩みは、試合後の数日は珍しいことじゃない」とコメント。チーム状態を踏まえた上で、目前に迫るチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のアーセナル戦に臨む心境を次のように明かしている。

「誰と誰をともにプレーさせるかを考えるのではなく、誰がプレーできるのかを考えなくてはならない。練習で誰が出場できそうかを見極めるつもりだよ。あと1日でも余裕があればよかったんだけど」

 16日にアーセナルと対戦するドルトムントは、フンメルスやロイスの他にもドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、トルコ代表MFヌリ・シャヒン、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキなど多くの主力が負傷によって戦列を離れている。また同HPによると、13日に行われたブンデスリーガ第3節のフライブルグ戦に先発出場し1ゴールを挙げる活躍を見せたものの、足をつったために途中交代した香川も、アーセナル戦への出場は危ぶまれている模様だ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る