2014.09.16

ヴェンゲル監督がドルトムントを警戒「CL決勝に進む力がある」

ヴェンゲル
ドルトムントを警戒するヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルは16日、チャンピオンズリーグのグループD第1節でMF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。アーセン・ヴェンゲル監督が前日会見に臨み、ドルトムント戦に向けた意気込みを語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 グループDに所属するアーセナルは、ドルトムント、ガラタサライ、アンデルレヒトと同居。初戦の相手、ドルトムントとの対戦はこの4シーズンで3度目となる。ヴェンゲル監督は、ドルトムントの強さを称え、警戒が必要だと語った。

「我々にはドイツ人選手が3名(メスト・エジル、ペア・メルテザッカー、ルーカス・ポドルスキ)いる。しかし彼らを起用することでアドバンテージを得るとは思っていない。我々は誰もがドルトムントのことを知っているからね。彼らとは毎年戦っているよ」

「今のCLを引っ張っているのは、ドイツやスペインのクラブだ。バイエルンが決勝に進んだ回数を見れば誰もが納得するだろう。だからと言って、他のチームが決勝に進めないというわけではない。ドルトムントもその力を持っているチームだ。さらにバルセロナやレアル・マドリーもその力を持っている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る