FOLLOW US

CLプレーオフ初戦、退場者出したアーセナルは敵地でベジクタシュとドロー

ベジクタシュ戦で退場となったラムジー(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・プレーオフのファーストレグが19日に行われ、ベシクタシュとアーセナルが対戦し、0-0で引き分けた。

 昨シーズンのプレミアリーグで4位に終わり、プレーオフからの出場となったアーセナル。16日に行われたプレミアリーグ開幕節では、アーロン・ラムジーの決勝ゴールでクリスタル・パレスに勝利した。中2日で行われるこの試合でアーセナルは同試合から2選手を変更。ワントップにはヤヤ・サノゴではなく、オリヴィエ・ジルーを指名した。一方のベシクタシュは、今夏にチェルシーから獲得したデンバ・バをスタメンで起用した。

 ベシクタシュサポーターが大歓声を送る中で始まった一戦。デンバ・バがキックオフボールを直接狙い、クロスバーに直撃する幕開けとなった。いきなり決定機を演出したデンバ・バは、9分にも右クロスからダイレクトボレーを放つなどアーセナルゴールを脅かした。

 その後もペースを握り続けたベシクタシュは前半終了間際、相手のクリアミスからデンバ・バが決定機を迎えたが、このシュートも枠を捉えきれず、ゴールレスで試合を折り返した。

 後半もベシクタシュが最初にチャンスをつくる。47分、中盤でデンバ・バがボールを奪取してパスを繋ぐと、最後はオルジャイ・シャハンがボックス左からシュート。しかし、これは枠の右に外れ、先制ゴールとはならない。

 対するアーセナルは、68分にアレクシス・サンチェスのパスを起点に、ボックス右を突破したマテュー・ドゥビュシーの折り返しからチャンスを迎えたが、これを決めきれず。

 すると80分、アーセナルはアーロン・ラムジーがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。数的不利になったアーセナルだが、試合終了間際の88分、相手のクリアミスを奪ったアレックス・チェンバレンが、ボックス右から切り込みシュート。しかし、GKトルガ・ゼンギンがわずかに触ったボールは、左ポストを直撃した。

 その後も両チーム最後までゴールを目指したが、スコアは動かず、試合は0-0で終了した。アーセナルは、27日にホームでベシクタシュとのセカンドレグを行う。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
ベジクタシュ 0-0 アーセナル

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO