2014.08.15

イブラヒモヴィッチ、CL制覇に意欲…来季限りでの引退も示唆

イブラヒモヴィッチ
来季限りでの現役引退を示唆したイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 パリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、2015-2016シーズン限りでの現役引退を示唆した。大手メディア『ESPN』がコメントを伝えている。

 インタビューに応じたイブラヒモヴィッチは、チャンピオンズリーグ制覇の可能性について問われ、「勝ち取ることができると思う」と、コメント。「私は、望むものを100パーセント、キャリアの中で達成してきた。可能な限り多くのタイトルを獲得するために、ベストを尽くして、できることの全てをやってきたんだ。チャンピオンズリーグのタイトルを獲ることができたら、すばらしいだろう。それが実現するとも思っている。でも、もし(チャンピオンズリーグを)制覇せずにキャリアを終えても、幸せと誇りを感じるはずだ」と、話した。

 そして、パリSGでキャリアを終えるかどうか聞かれたイブラヒモヴィッチは、「私は2016年まで契約を結んでいる」と、話したうえで、「来シーズンには34歳になる。その後は、トップレベルでプレーを続けることはできないと思う。だから、おそらく答えは『イエス』だよ」と、契約が切れる2015-2016シーズン限りでの引退を示唆した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る