2014.07.22

コペンハーゲン、CL予選でウクライナ行きの飛行機がなく国内待機に

CL予選の試合が行われる予定のドニプロのスタジアム [写真]=Getty Images

 デンマークのコペンハーゲンは、29日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ本戦出場権を懸けた予備予選3回戦ファーストレグでウクライナのドニプロ・ドニプロペトロウシクと対戦する。

 同試合は、ドニプロのホームで行われる予定となっている。しかし、未だに続くウクライナ国内の混乱と、17日に起こったマレーシア航空機MH17の墜落によって、コペンハーゲンにとって同国への渡航が事実上、不可能な状態となっている。アメリカメディア『CNN』』が報じている。

 ドニプロペトロウシクは、ウクライナの中東部に位置し、航空機が墜落したドネツクの州と隣接している。それを受けて、コペンハーゲンの広報責任者が、解決しなければならない問題を、同メディアのインタビューで以下のように説明している。

「まず私たちの旅行会社が、ウクライナに飛行機を飛ばしている航空会社を見つけることができない。今はウクライナ上空を飛行するのには重大なリスクが伴う。なので、ほとんどの会社がルートを取り除いている。だから飛行機で行くことはできない」

「また、デンマークの外務省はその地域(ドニプロペトロウシク)を、”不安定”としている。それは、行くことは可能だが、安定はしていない場所を意味している。(試合までの)9日間で状況がどうなっているか保証できないということだ」

「さらに、保険会社の問題もある。彼らは、ドニプロペトロウシクのあるウクライナ東部へ行く私たちを保険対象としていない。私たちはこの3点を解決する必要がある」

 また、同氏はUEFA(欧州サッカー連盟)にも現状を伝えたとコメントしているが、今のところ同試合に関する決定は、まだ発表されていない。

「UEFAにもこの状況を伝えたよ。ドニプロはクラブや街としては問題ない。ただ、安全な移動と滞在ができるか、そして本当にそこへたどり着けるのかが一番の問題だ。私たちは専門家でもなんでもない。UEFAの指示に従うしかないよ」

「可能な限りの準備をしている。だが今は、そこにたどり着けるかどうかさえ分からない。この大事な試合を控えて、理想的な準備だとは言えないね」

 予備予選3回戦は、7月29、30日にファーストレグ、8月5、6日にセカンドレグが行われる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る