FOLLOW US

CL初制覇を逃したアトレティコ、シメオネ監督「勝利と敗北は紙一重」

アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督(中央)[写真]=Getty Images

 今シーズン、バルセロナおよびレアル・マドリードとの三つ巴の優勝争いを制して18年振りにリーガ・エスパニョーラの頂点に立ったアトレティコ・マドリードだが、初のチャンピオンズリーグ制覇は惜しくもならなかった。

 現地24日に行われた同大会決勝、レアル・マドリードとの今シーズン5度目の“マドリード・ダービー”に臨んだアトレティコ・マドリードは、前半36分にDFディエゴ・ゴディンのゴールで先制したものの、後半アディショナル・タイムに同点弾を許すと、延長後半に立て続けに3失点を喫して1-4で敗れた。

 最後は体力切れにより力尽きる格好となったアトレティコ・マドリード。ディエゴ・シメオネ監督も試合後の会見で、後半以降はレアル・マドリードに力負けしたことを素直に認めた。

「試合は全体を通して総括しなければならない。後半はレアル・マドリードの方が上回っていた。我々は自陣に押し込まれ、攻撃に転じられなかった。彼らほどの強力なチームを前にこのような展開を強いられると、試合はとてつもなく難しくなる」

 一方、掴みかけていたタイトルを逃したことを嘆いたシメオネ監督だが、全力で戦い抜いた選手達をねぎらった。

「悲しみは感じていない。人々が期待していた通りに目標を達成することができなかったことに対し、苦みを感じているだけだ。しかし、我々は涙に暮れるようなプレーはしていない。選手達は持てる全てを出し尽くしてくれたので、むしろ胸を張るべきだ」

 シメオネ監督はまた、チームの戦う姿勢が観客の心を打ったことを高く評価した。

「勝利も敗北も試合の一部であり、紙一重だ。勝つ時もあれば負ける時もある。今回、我々には敗北の方が回ってきた。しかし、勝利が全てだと頻繁に言われる中、我々は敗れたにも係らず喝采を受けた。これこそがフットボールの素晴らしいところだ」

 CL初制覇こそあと一歩のところで逃したものの、一昨シーズンはヨーロッパリーグ、昨シーズンはコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、今シーズンはリーガ・エスパニョーラと、アトレティコ・マドリードにタイトルをもたらし続けているシメオネ監督。手塩に掛けたチームの更なる成長を信じ、早くも来シーズンに頭を切り換えた。

「週が明けたら早速、今後のチーム編成について話し合いを始める。我々は今シーズンと同じように、来シーズンも対戦相手を苦しめ続ける」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO