2014.05.21

S・ラモス、CL決勝を前に「優勝候補はアトレティコの方」

レアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモス(中央)[写真]=Getty Images

 現地24日に行われるチャンピオンズリーグ決勝でのアトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”に向け、盛り上がりが一段と増しているレアル・マドリード。現地20日の練習後にはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが報道陣とのインタビューに応じ、大一番を前にした心意気を表した。

 今シーズンここまでアトレティコ・マドリードと4度対戦しているレアル・マドリードは、リーガ・エスパニョーラでは1分1敗に終わったものの、優勝したコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の準決勝では2連勝を飾っている。だがS・ラモスは、今回のCL決勝ではアトレティコ・マドリードが有利との謙虚な姿勢を示したうえで、2冠達成に意欲を燃やした。

「優勝予想はメディアが行うものだ。しかし、僕の視点からすれば、優勝候補はアトレティコ・マドリードの方だ。彼らは今シーズンのリーガを制した現王者だからね。彼らは素晴らしい戦いを披露し続けている偉大なチームだ。とはいえ、僕はアトレティコ・マドリードが決勝を制すると言っている訳ではない。僕達レアル・マドリードもここまで必死に勝ち上がってきたので、この絶好の機会を逃すわけにはいかない。準優勝では誰も覚えていてくれない。決勝は優勝するためにある。それゆえ、土曜は死力を尽くした両チームによる本当に激しい戦いになるだろう」

 また、アトレティコ・マドリードのスペイン代表FWジエゴ・コスタが故障により欠場する可能性が高いことについて質問されたS・ラモスだが、相手のエース・ストライカーの事よりも、出場がコンディション回復次第となっているチームメイトのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドおよびフランス代表FWカリム・ベンゼマを心配した。

「ジエゴ・コスタがプレーするか否かはどうでもいい。僕はクリスティアーノとベンゼマの状態の方がはるかに気になっている。僕達は分厚い選手層を有しているけれども、2人がいるに越した事はないからね。彼らは攻撃の鍵を握る存在なので、出場できることを願っているよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る