FOLLOW US

CL敗退のD・ルイス「大一番ではディテールが勝負をわける」

ダヴィド・ルイスがアトレティコ戦を振り返った [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが4月30日に行われ、チェルシーとアトレティコ・マドリードが対戦。アトレティコ・マドリードが3-1で快勝し、1勝1分けで決勝進出を決めた。

 試合後、チェルシーのブラジル代表DFダヴィド・ルイスが敗戦を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ダヴィド・ルイスは、「相手の方が優れていたし、勝利に値していた。僕たちはベストを尽くしたけど、シュートがポストに嫌われて、何度か(ティボ)クルトゥワのスーパーセーブに阻まれた。最初の40分間は試合をコントロールできていたけど、前半終了間際に失点してしまって、相手にカウンターを狙われるようになった」と、試合を振り返った。

 そして、「ビッグクラブとビッグネームの戦い、それがチャンピオンズリーグなんだ。アトレティコは細かいプレーを重視していた。大一番では、ディテールが勝負をわけるものだ」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO