2014.04.23

CL準決勝に臨むレアル指揮官「相手の利点を封じる試合はしない」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督がCLバイエルン戦の前日会見でコメント [写真]=Getty Images

 23日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで、レアル・マドリードとバイエルンが対戦する。



 ホームでの一戦を前に、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が、前日会見に出席。展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「時間の経過により、我々のプレーとクオリティが高まってきている。重要な準決勝にまで来ていて、この大会を制することへの希望を持っている。誰にも負けない希望をね。それが、我々の利点でありモチベーションだ。強迫概念ではない」と、コメント。前回王者のバイエルンと対戦するが、「相手チームの利点を封じるような試合をするつもりはない。勝つために、自分たちの能力を活かしていく。いつものことながら、バランスが必要不可欠だ。どの場面でもコンパクトにプレーしなければならない」と、話した。

 そして、チームの士気について問われると、「(監督として、選手に)何も言わないほうが良い試合がある。チームが集中して、明確な考えを持っているのが見て取れるのだからね。コパ・デル・レイ(決勝)のバルセロナ戦の前には、チームには大きな希望があって、私自身は何も言わなかった。明日の試合でも何も言うつもりはない。(バルセロナ戦と)同じように、うまくいくことを願っている。選手全員のモチベーションが高いが、明日の時点では何も決まらない。決定的な試合は火曜日(29日のセカンドレグ)だ」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る