2014.04.11

バルサのシャビ、CL準々決勝敗退も「どちらも良い試合ができた」

シャビ・エルナンデス
シャビがアトレティコ戦後にコメントした [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦。1-0でアトレティコ・マドリードが完封勝利を収め、1勝1分けで準決勝進出を決めた。

 試合後、バルセロナのスペイン代表MFシャビ・エルナンデスが敗戦を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 シャビは、「今日の試合をもう一度見直す必要はあるけれど、普段の僕たちなら決めていたチャンスが4つか5つはあった。相手の猛攻にも耐えていたし、(同点に)追いついて延長戦に持ち込むだけの戦いはできていたと思う」と、コメント。「準々決勝の2試合では、どちらも良い試合ができた。ホーム(ファーストレグ)でも、ここ(セカンドレグ)でも、さらにゴールを決めていてもおかしくなかった」と、2試合の戦いぶりに手応えを示した。

 そして、「自分たちがチャンスを逃したために、勝負を持っていかれてしまったんだ。アトレティコにはおめでとうと言いたいね」と、対戦相手を称えた。

 バルセロナは、7シーズン連続でのベスト4入りを逃した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る